コミュ障税を払いますか?

【コミュ障税】

「人と関わらなくても稼げるから」
という理由でFXを始めた人は、
かなりのハンディキャップを背負っています。
 
人間関係の煩わしさを避ける手段としての
FXに魅力を感じてしまって、
FXに本来必要なスキルの一つが、盲点になってしまっている。
 
ムカつく上司や腹のたつ客に頭を下げないで済みますし
言いたいことを言ったら、めざまし時計を掛けずに熟睡して
スッキリすることもできます。
 
それにお金さえふんだんにあれば、風俗やデリバリーホストで
若くて綺麗な異性と好きなだけセックスすることもできますし
お金のちからで、相手はあなたをちやほやしてくれるはずです。
 
お金さえ浴びるほど持っていれば確かに、
 
「かっこいいですね」
「若いですね」
「素敵です」
「賢そう」
 
とあなたに言ってくれる人は
いくらでも寄ってくるでしょう。
 
けれどお金を「稼ぐ力」ではなくて
「お金の力」だけに目が行くと、
そもそもFXで稼ぐために必要な「観察力」が下がってしまうのです。
 
このことに無自覚なままだと、
この先10年、20年をドブに捨てることになります。
 
むしろドブに捨てるというか、
じつは人間関係を避けながら
FXを続けるのはツライだけでリターンなしの懲役のようなものです。
 
だからいろんな情報に振り回されて消耗することになりがちですし、
逆にますますFXに夢を持ってしがみつくようにもなります。
 
〜〜〜〜〜〜〜
 
いっぽうで、情緒的な安定がある非コミュ障、
充実したセックスライフや人間関係をキープするスキルの高い人は、
コミュ障たちが市場に吐き出した利益を、いともかんたんに
持ち去って行って、ますます豊かになっていきます。
 
コミュ障税を払う側と、もらう側。
FX市場も、充実したセックスライフ市場も
負け組はますます、勝ち組はますます豊かに。
 
どうですか、この拡大する格差と
確固たるヒエラルキーは。
 
じゃあいったいなぜ、
コミュ障であることが、FXで決定的な足かせなのかについては、
また次回レポートしたいと思っています。
 
あ、別にあなたがコミュ障だと言ってるわけじゃないので
安心してください。
 
ただ、このことを知っておくと、
ロットを上げて大きな利益を出す方向に
ストレートに向かうことができるはずなので
参考になればと思ってます。
 
私が見てきて毎月1000万円稼ぐようになっていったトレーダーたちは
みな、コミュニケーションが優れてましたから。
 
長くなったので、今日はここまで。